ぶろぐろじん

<< 携帯電話 | main | 黄色い枯葉 >>

気になる言葉
最近の若年層の間違った言葉遣いは数えたらきりが無いが、今一番気になる言葉が「すごい」の使い方、そもそも「すごい」は例えば「すごい力」のように名詞に対して使うもので形容詞、動詞は「すごく」と発音すべきであろう。
テレビなどでは「すごい嬉しい」などのように日常的に使っている、それでいて字幕は「すごく嬉しい」となってるので救いはある。
若年層ばかりかと云えばそうでもなく40代の中年層なども同じである。
この前テニスの伊達公子はインタビューで「すごく嬉しい」と正しく発音していたので救われた思いがしたものだ。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/202173
トラックバック