2012.08.19 Sunday

霧の航空灯台 朝倉ユリ 宮川哲夫 吉田 正 昭和33年 VIC
以前当方のホームページをご覧になった方がこの曲に深い想い出があるとのことでもう一度聴きたいとのご要望で歌本に載っていた楽譜からカラオケを作り送ったら大変感激されました、後に音源も入手できたので完成することができました。
片面はフランク永井の「夜間飛行」で両方ともそんなに流行った曲ではないとおもいますが、さすが吉田正と思わせる良くできた曲です。
ちょうど吉田メロディはフランク永井が出てから都会調のメロディに変わってきた時代で「霧の航空灯台」もそんな調子の曲です。
朝倉ユリには「第三号倉庫」「夜更けのジュークボックス」といったヒット曲がありますが「霧の航空灯台」も彼女の低音がマッチした良い出来栄えです。

コメント一覧

  • はじめまして。私の叔母(70才)が[霧の航空灯台]の歌詞をずっと探しています。やっと魯人さんのブログをみつけて大変喜んでいるのですが、三番の歌詞でよく見えない箇所があり、是非教えて頂きたくメールいたしました。
    アルファベットをまさぐりながら ○の渚 
    ○の箇所は何と書かれているのでしょうか?
    何卒お教えくださいますよう、宜しくお願いいたします

    [みわ] 2014/03/02 12:18 AM

  • メールは未だ届いて無いようです。

    ご質問の○の箇所は「夜」です。

    「アルファベットを まさぐりながら 夜の渚に」

    [] 2014/03/02 3:41 AM

  • 「霧の航空灯台」を検索していたら、このブログに出会いました。
    50年ほど昔、北の町でこの歌をしみじみと歌う女性がいたのを思い出します。
    何かで引き裂かれた恋人を偲んでいたのでしょうか・・
    そういえばその町は先の大震災で津波に飲み込まれたようです。
    生きていれば70代のあの女性は無事に避難したのかなぁ〜と、気になります。

    [懐古びと] 2014/03/29 9:09 AM

  • 50年前ですか、その北の町の女性は当時20代の女盛りと言うことになりますね。
    「霧の航空灯台」もずいぶん遠い昔になりました。

    [魯人] 2014/03/29 7:34 PM

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/198129

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

Archives

QR code