ぶろぐろじん

香箱座り
「香箱座り」とは猫が前足を折りたたんで座っている状態のことを言うと有る。
宇江佐真理の「深川にゃんにゃん横丁」を読んで見つけた、森鴎外、芥川龍之介、尾崎紅葉と言った明治の文豪も小説の中で使っているとのことなので、宇江佐真理もそれらの小説を読んで知っていたのかも知れない、それにしても初めて聞くフレーズで、読んでいて思わずスマホで調べた。
auther : 夏目魯人 | - | comments(0) | trackbacks(0) |