2019.05.19 Sunday

今日の産経書房の稿に「いも殿さま」が紹介されていた、サツマイモを薩摩から取り寄せたのは青木昆陽だと思っていたが、実はこの本の主人公「井戸平左衛門」が先だった、石見の国の代官に赴任した時、江戸時代最大の大飢饉に遭遇し薩摩からサツマイモを持ち出して領民を救った、現地では「いも殿さま」として慕われている。

去年から隣の犬が散歩の帰りに立ち寄りおやつをねだるようになった、同時にうちの子も隣の爺さんからおやつをもらって喜んでいる、日に3回だから結構消費する、それで業務スーパーで安価な芋を買って来て干し芋にしておやつにしている。犬

Pagetop

Calendar

<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Recent Entries

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code