2017.08.10 Thursday

牧伸二のウクレレ漫談で周知の曲だが、原曲はハワイアンソングのタフワフワイ。
〜タッハウワライタフワフワイラ〜
このタフワフワイは「やどかりくん」と言う替え歌も、テレビのコマーシャルソングで流されている。
〜やーどかりかりこだわりやさん かたち大きさ中身良し 住まい選びは楽しけり〜
タフワフワイはレッスンで練習して弾けるようになったが、やんなっちゃった節も演奏しながら歌える様になった。
コード進行はG、G、G、G、C、G、D7、Gと至って簡単、ただこの歌は陽気な性格の面白い人でなかったら似合わない、自分が人前で歌ったら顔が引きつってとても「やんなっちゃった節」にはならないだろう。

良く知られているやんなっちゃった節の歌詞。
〜フランク永井は低音の魅力、神戸一郎も低音の魅力、水原弘も低音の魅力、漫談の牧伸二低脳の魅力〜

どうやら牧伸二は流行歌には詳しく無かった?、フランク永井がそれまでに無い低音歌手として一世を風靡した当時、低音三羽烏と言われていたのは「フランク永井」「三船浩」「石原裕次郎」だったはず。

コメント一覧

コメントする





このエントリのトラックバックURL

http://rojin.blog.bai.ne.jp/trackback/222792

トラックバック一覧

Pagetop

Calendar

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Search

このブログ内の記事を検索


Recent Comment

QR code